メンバー募集中

2017年 美術館ロビーコンサート
ご来場ありがとうございました。
169.pngまた、来年お会いできますように169.png

ゴーシュの会甲府では随時メンバー募集中です。
チェロをお持ちの方であれば、どなたでも入団できます。
ご興味のある方は是非一度練習を見にいらして下さい。

チェロに触ったことがないけれど、チェロアンサンブルに入ってみたい方も、
まずはご相談ください。ゴーシュの会甲府への問い合わせをきっかけに、
チェロを触るところからスタートして、
アンサンブルデビューを果たしたメンバーもここ最近、続いています。

連絡先:  gauche-kofu@excite.co.jp 


◆練習日と場所
原則毎月第1・第3土曜日の夜7時から9時30分
主に甲府市内の公民館で活動しています。

◆メンバー構成
メンバーは現在11名(お休み中含む)です。
メンバーの多くが大人になってから憧れのチェロを始めた人たちです。
音符の読み方から始めた人、ブランク30年でチェロを再開した人、
50代でチェロを始めた人、チェロ歴30年以上の人まで。
年齢は30代から70代まで、各世代を満遍なく。
職業は主婦、シェフ、果樹農家、僧侶、サラリーマンetc
甲府市だけでなく、甲斐市、山梨市、笛吹市、遠くは郡内からも遠征してきてます。

◆会費
年間4,000円(公民館使用料、楽譜代など)
※自主公演を行っていないため、チケットノルマ等はありません。

◆活動目標・スタイル
年に1・2回出演している山梨県立美術館のロビー・コンサートに向けて練習しています。
本番が迫る前は、チェロアンサンブルの楽譜を持ち寄って練習します。

◆連絡先
gauche-kofu@excite.co.jp


[PR]
# by gauche-kofu | 2018-12-31 23:59 | 私たちのこと | Comments(0)

もぐら叩きのように課題が・・・

今年もゴーシュとは別に2件、クリスマスコンサートをやることになりました。

一件は昨日終了。冒頭で、ほんのすこし、私が走り気味になり、ばらばらになりました。
ほんのすこし走る・・・
上のパートが指が回るかどうかの微妙なテンポのとこで、
テンポを作るチェロがやると非常にまずかったです122.png
次回も同じ曲を演奏しますが、気をつけます。

もう一件は、12月23日にやります。
昨年の録音を聴いて、思い出したことがあります。
ゴーシュのYさんが間奏で吹いたフルートのワンフレーズ、
これがしっかり作り込まれていて楽しそうで、それに比べて、
自分はなんてつまらない音出してるんだろう?って思ったことを。

カノンでテンポを作るためには、他の人についていくのではなく、
自分で音楽を作っていく意識をもたないと、って思ったことを。

そういえば、それがきっかけで、この一年試行錯誤してたような・・・
昨日の演奏も、走ってしまいましたが、音色の幅もできて、
音楽にのって楽しそうでしたよ
・・・チェロは111.png

次回の演奏会では、いろいろなご縁で、バイオリンを専門にされている方と
弦楽四重奏でクリスマスメドレーをご一緒できることになり、
楽しみにしています。

レッスンについたことのない私がどこで、チェロ技術を学ぶかといえば・・・
コンサートを聴きに行ったときや、アンサンブル、オケの練習の時に、
自分の課題を持って、他の人から見て、聴いて学んできます。
次回の演奏会では、いっぱい学べそうで、ワクワクしてます113.png








[PR]
# by gauche-kofu | 2017-11-24 23:51 | Comments(0)

続ければ、いつか

ロビーコンサートを終えてから、一回目の練習でした。
ちょっと肩の力を抜いて、色々な曲を楽しむ時期です。
わたくしのリクエストで、レスピーギのシチリアーナも取り上げてもらいました。…どれだけ大変か知らずに(。-_-。)
しかも私はあの美しいメロディを音程に気をつけて弾いていればいいパートを頂戴して…。

「難しくても、練習していればいつか形になる」
先生の前向きなスタンスで、今期も楽しんでやっていきましょう^ ^


担当:M

[PR]
# by gauche-kofu | 2017-11-19 11:17 | 練習風景 | Comments(0)

苗字がえらい

まず、びっくりしたのは、
市町村の議員選挙だと、立候補者の苗字が同じだということ151.png
それは、住民の名字の割合を反映してます。
忍野村だと、渡辺、天野、三浦、山中湖村だと、坂本、高村、富士吉田市だと渡辺、河口湖だと古屋、小佐野、などなど。甲府の方だと、雨宮、梶原、依田、横内、堀内も多いです。

昔は、小学校の1クラス全員が、渡辺ということもあったそうです。
学校の先生も、苗字で呼ぶと混乱するので、先生同士も
保護者が先生を呼ぶときも、下の名前で呼びます。
これもまた、びっくり151.png

苗字が同じイコール、親戚だから相互扶助(面倒を見ながら勢力拡大する)、
という意味合いがあり、積極的に、同じ苗字にしたという背景があるそうです。

人のつながりを大事にする、人は城、人は石垣〜の土地柄ゆえ?
ゴーシュメンバーのうち、山梨のメジャーな苗字の割合は、3割くらいかな?

[PR]
# by gauche-kofu | 2017-11-19 09:52 | Comments(0)

えらい、えらかったねぇ

山梨にきて最初の頃出会った方言に「えらい」があります。
「えらい」は、偉いではなくて、疲れた、大変とか、
体調不良の時のしんどい、だるい、の意味です。
他にも、「えらい」は、量が多いことを意味します。
「えらい、えらかったねぇ」は、とってもしんどかった、
という意味になります。

私は、広島出身ですが、この「えらい」の使い方、まったく同じなのです。
広島と山梨、こんなに離れてるのに、同じ方言があって、すごく親近感を感じました。
語尾の「〜じゃん」も、広島だと「〜じゃけん」なので、
若干、近いな〜と思いました。

と、思ったのも束の間・・・
「えらい、えらかった・・・」151.png
続きは次回。

[PR]
# by gauche-kofu | 2017-11-18 09:40 | Comments(0)